Menu
Location

撮影コーディネーターおすすめロケ地:オランダ・ロッテルダム

オランダ第二の都市ロッテルダムは、ユニークな近代建築が多い街として知られています。

ヨーロッパと言えば、バロックやゴシック建築などの歴史的建造物が立ち並ぶ街並みを想像するかもしれません。ロッテルダムも例外ではありませんでした。しかしながらこの街は、第二次世界大戦時のドイツによる空爆で、壊滅的な被害を受けました。そして、戦後の都市計画で、「芸術の街」として生まれ変わったロッテルダム。今では、建築家やデザイナーが注目する、最先端のデザイン都市へと変貌を遂げています。

街を散策していると、ひときわ目を引くのがキューブハウス(Kubuswoningen)です。鮮やかな黄色が青空によく映えたこの建物は、アムステルダム出身の建築家、ピエト・ブロム(Piet Blom)によって1984年に建てられた集合住宅です。観光客向けに一部をミュージアムとして公開している他、ホテルとしても機能しているそうで、実際に滞在することも可能です。

キューブハウスから少し歩くと、今度は馬の蹄鉄のような建物が出てきます。これは2014年にオープンしたマーケット兼マンションの複合施設です。

また、鉛筆の形をした上記写真の建物は、オランダ語で、“ペンシルタワー”と呼ばれているそうです。こちらもマンションです。

建築好きなテレサーチコーディネーターおすすめの街ロッテルダム。オランダは、風車と運河とチューリップと、それからマリファナだけではありません(笑)!前衛的なデザインや近代建築の宝庫でもあるのです。